五輪で自動運転を活用、規制緩和で新技術支援へ=官民対話で政府筋

[東京 5日 ロイター] - 政府は5日の官民対話で、自動運転車両や小型無人機(ドローン)などの活用に向け、障害となる規制を見直す方針を示す。2020年の東京五輪・パラリンピックでの自動運転サービスの提供を目指し、17年度までに公道で実験が可能になるよう整備を進める。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。