進む金利低下、世界景気懸念・日銀買入拡大で内外資金が流入へ

[東京 30日 ロイター] - 長期金利に低下観測が強まっている。世界経済の不透明感から、安全資産とされる国債に投資資金が海外からも流入。加えて日銀保有国債の償還増で、来年の日銀の買い入れ枠が拡大し、現物需給が一段とひっ迫するとの観測が浮上している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。