正午のドルは120円後半で小動き、日銀緩和期待後退と株安で

[東京 29日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の120.72/74円だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)後のドル高の流れが続くか関心を集めていたが、日経平均株価が上げ幅を縮小する中で上値が重くなった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。