ドル120円半ばで方向欠く、株安や米金利低下眺め

[東京 27日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の120円半ばだった。朝方は輸出企業のドル売り/円買いが観測されたが、午後はマイナス圏で推移する日経平均株価や、米10年債利回りの低下などを眺め、ドル/円は方向感なく推移した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。