日経平均は3日ぶり反落、日米中銀イベント前で利益確定売り

[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりの反落となった。短期的な過熱感が広がるなか、中国株が軟調に推移。ドル/円が弱含んだことも重荷となり、利益確定売りに押される格好となった。東証1部では全体の73%の銘柄が下落。日米中銀のイベント前で様子見姿勢も強まり、売買代金は約2.2兆円と薄商いだった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。