英住宅市場の鈍化、EU離脱決定が影響=中銀副総裁

[ロンドン 19日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のウッズ副総裁は19日、英国の住宅市場が、欧州連合(EU)離脱決定により鈍化しているとの見方を示した。副総裁は王立公認不動産鑑定士協会(RICS)などのデータを基に、「住宅市場を取り巻く兆候が少しずつ現れている」と指摘。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。