米WDが東芝・四日市工場に5250億円投資、サムスン追撃へ

[四日市 15日 ロイター] - 米記録装置大手ウエスタンデジタル(WD)のスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)は15日、東芝と共同展開する半導体NAND型フラッシュメモリーの四日市工場(三重県四日市市)で、2018年度までに50億ドル(約5250億円)を投資すると明らかにした。東芝の計画(18年度までに8600億円投資)と併せて次世代メモリーを増産し、先行するライバル、韓国サムスン電子を追撃する構えだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。