アングル:米為替報告「円は過小評価」 注目は金融政策との関連

[東京 20日 ロイター] - 米財務省は半期ごとに公表する為替報告書の中で、他の機関の評価を引用しつつ「円が過小評価されている」との文言を盛り込んだ。日本が財政健全化目標に固執すればデフレに舞い戻りかねないとし、柔軟な財政政策を講じれば、金融緩和への過度の依存を軽減できると強調している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。