南シナ海の仲裁判決を中国は拒否、大使「争い激化させる」

[ワシントン/北京 12日 ロイター] - オランダ・ハーグの仲裁裁判所が12日、中国が南シナ海で主権を主張している独自の境界線「九段線」に法的根拠はないと認定したことを受け、中国の崔天凱駐米大使は同日、この判決は「争いを激化させる」と反発を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。