南シナ海の仲裁判断、当事国は従う必要=岸田外相

[東京 12日 ロイター] - 岸田文雄外相は12日夕、中国が南シナ海で主権を主張する「九段線」について法的な根拠はないとしたオランダ・ハーグの仲裁裁判所の判断を受け、「仲裁判断は最終的。法的に拘束するもので、仲裁国は従う必要がある」との談話を発表した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。