東南アジアの労働者、機械化で1億人以上が失職の恐れ=ILO

[シンガポール 7日 ロイター] - 国際労働機関(ILO)は、オートメーションの影響で、東南アジア5カ国の給与所得者の56%に相当する1億3700万人が、今後20年間に職を失うリスクが高いとの報告書をまとめた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。