米5月製造業受注は1.0%減、受注残増などで全体の安定化示唆

[ワシントン 5日 ロイター] - 米商務省が5日発表した5月の製造業受注は前月比1.0%減となり、3カ月ぶりに減少した。ただ受注残高が増加し在庫が減少していることで、製造業部門は最悪期を脱した可能性があることが示唆された。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。