日本が7月にF3戦闘機の入札準備、総事業費は最大4兆円規模

[シンガポール 29日 ロイター] - 日本の防衛省は7月、総事業費が最大で400億ドル(約4兆1100億円)とも言われる次世代戦闘機の入札の準備に入る。海上での領有権問題で中国との緊張が高まるなか、防空体制の強化を目指す。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。