焦点:習主席訪問で英中関係の「黄金時代」到来か

[ロンドン 13日 ロイター] - 英国のオズボーン財務相が2013年に北京を訪れた際、娘が中国語を勉強していると発言した。当時緊迫していた中国との関係について個人的に改善しようという意図だったのは間違いない。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。