ロシアのシリア空爆、米情報機関は過小評価か 米議会が調査開始

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国では、ロシアが内戦の激化するシリア領内への攻撃を拡大していることについて、米情報機関がロシアの軍事行動の規模や意図を過小評価していたのではないか、との批判が広がっており、米上下院の情報委員会が調査に乗り出した。議会筋やその他の関係者がロイターに語った。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。