アングル:急反発する世界株、景気悲観論は行き過ぎか

[ロンドン 7日 ロイター] - 中国の「失われた10年」入りや世界的景気後退の再来が予想される中で、奇妙なことに世界の株価が堅調を取り戻している。実態を反映しているのは株価の方で、専門家の見通しは悲観に傾き過ぎているのだろうか。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。