ロッテ創業者が次男を相手取り裁判、長男が代理人に

[ソウル 8日 ロイター] - ロッテ・グループ創業者の重光武雄氏が、次男であるロッテホールディングス(HD)の重光昭夫最高経営責任者(CEO)と取締役会により解任されたとして訴えている問題で、武雄氏の長男である宏之氏が武雄氏の代理人を務めることを明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。