焦点:経済対策の判断前倒しへ、政府で強まる世界経済減速への危機感

[東京 5日 ロイター] - 政府が経済対策の必要性を判断する時期について、10月中に前倒しする方向となった。背景には、世界経済の減速が急速に強まり、国内経済を圧迫するという危機感があるとみられる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。