海外経済にさらに縛られるFRB、雇用失速で年内利上げ不透明に

[ワシントン 2日 ロイター] - 9月の米雇用統計が予想外に弱い内容となったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)は約10年ぶりの利上げに踏み切る上で、海外経済の成長力に一段と左右される不快な状況に陥ったようだ。1年に及ぶ輸出低迷が製造業の雇用を奪い、雇用の伸びに急ブレーキがかかった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。