マンションバブルが、東京オリンピックを待たずに、すでに崩壊し始めた!? 3つのポイント解説

image002首都圏マンション契約率は、好不調の分かれ目とされる70%を2カ月連続で下回りました。「富裕層の節税対策」や「中国人の投資目的」により、日本の不動産は、マンション価格高騰のあおりで局地的にバブル化していましたが、すでにピークアウトしている可能性もあります。
続きを読む

参照元:為替王

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。