来週は米雇用統計

カーニー総裁が追加緩和を示唆したこともあり、英のFT100指数は上昇。ポンドの下落もあって、今後の景気回復の可能性を見越しての上昇なのだと思います。
株は上昇ですが、ポンドに関しては追加緩和もあって、売られやすい状況ではないでしょうか。
少なくとも買う材料はなく、上がるとすればショートカバーぐらいで、その上昇は売り場と考える方がいいのではないかと思っています。

月曜はアメリカが祝日で3連休です。
あまり大きな動きもないように思います。

金曜は米雇用統計ですが、今はイギリスに注目が集まっており、さらにアメリカの利上げは遠くなったので、サプライズがない限り、あまり材料視されないように思います。
少し良いぐらいの数字がでても、利上げは遠いのでドルを買う材料にならず、悪い数字が出てもリスク回避でドルを売るような感じにもならないと思うので、あまり材料にならないかと考えています。

ポジションはそのままで週を越えたいと思います。


クリックしてね♪⇒ブログランキング

クリックしてね♪⇒為替ブログ村


みんなのFX

新規口座開設、10万円以上の入金、1ロット以上の取引でDVDプレゼント

みんなのFX



FXTS

新規口座開設後、取引をすれば、DVDをプレゼント

FXトレーディングシステムズ




アイネットFX

新規口座開設後、2万円以上の入金で、DVDプレゼント

アイネットFX

参照元:FXだけで生活しちゃおー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。