英議会でポンドはギャップオープン

来週初はポンドがギャップを開けそうな感じになりつつあります。

英議会が合意すれば、ギャップアップとなり、否決するようであれば、ギャップダウンです。

そして、ブックメーカーなどの予想では、接戦だけど否決、って感じの予想が多いです。

ただ気をつけなければいけないのは、イギリスの選挙はサプライズが多いことです。

2016年の国民投票もそうですが、その後のメイ前首相が解散総選挙したときも、メイ首相が勝利を確信しての解散だったのに負けました。

ポンドの最近の値動きは簡単に100pや200pぐらい動くので、さらに週末も挟むので、大きくギャップを開ける可能性も充分にあります。

大きく勝てるか、大きく負けるか、賭けでポジションを取ってみる、って人もいるかもしれないですが。
あと早朝のスプレッドも気になるところですね。



メルマガバカラ村のFXトレード日報!


クリックしてね♪⇒ブログランキング

クリックしてね♪⇒為替ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。