米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

米コインベースにEGLD上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産マルチバースエックス:MultiversX(EGLD)の取り扱い予定を12月7日発表した。

EGLDの取り扱いは流動性条件が満たされ次第、日本時間12月7日18:00(UTC:同日9:00)以降に開始される予定。「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にてサポートされるとのこと。なお日本居住者のコインベースユーザーはサポート対象となる。

取引ペアについては、EGLD-USDがサポートされることになっており、取引は段階的に開始されるという。

なお今回取扱いされるEGLDはマルチバースエックスネットワークのネイティブトークンとなる為、その他のブロックチェーン上で発行されたEGLDはコインベースへ送金できないとのこと。

マルチバースエックスとは

マルチバースエックスは、トランザクションの処理技術のひとつである「シャーディング」を使用することで高速な取引速度の提供を目指しているブロックチェーンプロトコル。3200以上のノードが世界中にあるという。なお先月11月にエルロンドから名称を変更している。

またEGLDは、マルチバースエックスのネイティブトークンであり、ステーキング、ガバナンス、トランザクション、スマート コントラクト、バリデータ報酬などに利用されている。

なお現在のところEGLDは、バイナンス(Binance)やフォビ(Huobi)、オーケーエックス(OKX)、クーコイン(KuCoin)、バイビット(Bybit)など多くの暗号資産取引所で取り扱われている他、パンケーキスワップV2(PancakeSwapV2)などの分散型取引所(DEX)でも取引が行われている。なお時価総額は約1,478億円となる(12/7 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ

アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止

コインベースウォレット、BCH・ETC・XLM・XRPをサポート対象外へ

MakerDAO、コインベースのカストディで約2380億円を運用へ

米コインベース、シンガポールで決済機関のライセンス取得

参考:エルロンド

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。