コインチェック「元素騎士Online -META WORLD-」とNFT領域で提携


Coincheck(コインチェック)は2022年12月6日に、メタバース仮想空間上にNFT要素を取り入れたブロックチェーンゲーム「元素騎士Online -META WORLD-」とNFT領域におけるパートナーシップを開始することを発表しました。

こちらから読む:経済産業省、NFT活用したメタバース実証事業イベント「国内ニュース」

GENSOメタバースのNFT販売やマーケティング活動を支援

Coincheck(コインチェック)は2022年12月6日に、メタバース仮想空間上にNFT要素を取り入れたブロックチェーンゲーム「元素騎士Online -META WORLD-」とNFT領域におけるパートナーシップを開始することを発表しました。

元素騎士Online -META WORLD-は、3DMMO技術で構成されるメタバース仮想空間上にNFTの要素を取り込んだブロックチェーンゲームであり、2012年に台湾で「Game of the year 金賞」を受賞した累計800万ダウンロードを超えるゲームシリーズ「エレメンタルナイツ」の最新作となっています。

コインチェックは今回の協業を通じて「GENSOメタバース」のNFTに関する販売支援や元素騎士のマーケティング活動支援を行っていくと説明しているため、今後はコインチェックのNFTマーケットプレイスである「Coincheck NFT(β版)」でGENSOメタバース関連のNFTが取引できるようになる可能性がある期待されます。

「GENSOメタバース」は仮想空間上に様々な要素を取り込んだサービスで、元素騎士オンラインのゲームを始め、LANDやハウジング(家)などを所有することが可能、ユーザー生成コンテンツ(UCG)の機能を使用することで様々な世界を作ることもできます。

今後は多くの企業が出展することによって、コンサートやeコマース(物販)などの多様なサービスが仮想空間上で展開される予定となっているため、コインチェックと提携して販売・マーケティング活動が行われるよって「元素騎士Online -META WORLD-」のコミュニティがさらに拡大していくことになると期待されます。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「元素騎士Online -META WORLD-」の公式サイトはこちら

暗号資産取引所Coincheckの画像


暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。