コインベースジャパン、LINK、ENJ、OMG、ETC、BATの5銘柄取扱い開始

コインベースジャパンが「LINK」など5銘柄取扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースジャパン(Coinbase Japan)が、チェーンリンク:Chainlink(LINK)など5銘柄の暗号資産の取り扱い開始を9月15日発表した。

今回上場した銘柄はチェーンリンク:Chainlink(LINK)の他、エンジンコイン:Enjin Coin(ENJ)、オミセゴー:OmiseGo(OMG)、イーサリアムクラシック:Ethereum Classic(ETC)、ベーシックアテンショントークン:Basic Attention Token(BAT)だ。

コインベースジャパンは今回の5銘柄の上場により、全11銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。

現在同取引所では、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ポルカドット(DOT)、ステラルーメン(XLM)、チェーンリンク(LINK)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)の取引が行われている。

関連ニュース

米コインベースで「Hedera (HBAR)」上場へ

元コインベースのマネージャーの弟、インサイダー取引容疑で有罪認める

コインベース、米財務省のTornado Cash制裁訴訟を支援

米コインベースで「Convex Finance(CVX)」と「Ocean Protocol (OCEAN)」上場へ

米コインベースでNear Protocol(NEAR)上場へ、ネイティブトークンで

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。