NFTはデジタルデータ市場を生まれ変わらせた

唯一無二のデジタル資産と言われるNFTについて基本的な構造やどういう仕組で話題になったのかをシンプルにご紹介します。

失われてきたデジタルデータの価値

デジタルデータは複製の簡易さからオリジナルなのかコピーなのか判断ができず本来の価値が失われていました。

このデジタルデータにオリジナルという証明書をつけたものをNFTと言います。では、どうやって証明書をつけるのでしょうか。

ブロックチェーンがNFTを成立させる

ブロックチェーンとは、データベースの1つで参加者全員に同一データを保持させることで、改ざんや消失を防ぐ技術です。これを活用し、デジタルデータの取引履歴を記録しているのがNFTです。

デジタルデータの本来の価値を取り戻す

NFTがあれば、デジタルデータの所有者や過去の取引が証明できます。そうすることで、オリジナルと海賊版/コピー品との区別をつけることができます。

ブランドバッグなどをイメージしていただければ分かりやすいですが、偽物が溢れた世界でも本物が高値で取引されるのは現実世界と同じです。

クリエイターの本来の価値を取り戻す

デジタルデータの追跡が可能なため、転売や中抜きといった本来、クリエイターが得るべき経済的価値を守ることができます。

ただし、注意なのは、「NFT=価値がある」ではないということです。あくまで本来の価値を取り戻すので元々の価値がなければ、NFTをつけても価値が上がるわけではありません

まとめ

NFTとは、ブロックチェーンを使って取引履歴を記録したデジタルデータです。所有者や取引を証明することで、デジタルデータやクリエイターの本来の価値や権利を保証することができます。デジタルデータ市場が経済的価値を取り戻し生まれ変わったことで注目され話題になりました。

今後、メタバースやWEB3.0などバーチャル世界の重要度は高まっていくのでNFTは必須の技術となっていくのかもしれません。

参照元:NFT Media

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。