米インベニアム、ブロックチェーン活用の未公開資産評価サービス提供

米インベニアムがBCを用いた未公開資産評価サービスを提供

ブロックチェーンを活用して資産のデジタル化を進める米企業インベニアム・キャピタル・パートナーズ(Inveniam Capital Partners)が、英領バミューダの金融サービスプロバイダーであるエイペックス・グループ(Apex Group)と提携し、未公開資産の評価サービスを提供することを9月7日に発表した。

未公開資産(プライベートアセット)とは不動産、未公開株、インフラ、クレジット資産などのような、公開市場で取引されない資産のことを指す。未公開資産の取引規模は増加傾向にあるが、流動性の低さなどの課題が残っている。

インベニアムが保有するブロックチェーン技術をエイペックスの資産データに適用することにより、未公開資産について監査可能な評価を与えるサービス(VaaS:Valuation as a Service)を実現するとのこと。

これにより、エイペックスの顧客は第三者に対して自身の未公開資産についての信頼性の高い監査証跡を自動で提供できるようになるとのこと。またこれまで時間がかかっていた資産の評価の期間についても大幅に短縮できるようになるとのことだ。

今後インベニアムとエイペックスは、未公開資産の評価だけでなく、資産のトークン化、DeFiレンディングへの対応などの実現に向けて開発を進めるとのことだ。

今回の提携についてインベニアムのCEOであるパトリック・オメーラ(Patrick O’Meara)氏は「当社とエイペックスとの提携により、プライベートマーケットに新たなレベルの信頼できる情報、価格、透明性をもたらし、革命を起こすことができます。私たちは、信頼できるプライベートマーケットデータの新しい基準を確立しています」とコメントしている。

インベニアムは2017年に設立されたフィンテック企業である。ブロックチェーン関連の特許を複数取得しており、ブロックチェーンを用いた資産の可視化とデータ運用システムの構築を進めている。現在同社のプラットフォームには240億ドル(約3.4兆円)以上の資産が登録されているとのこと。

エイペックスグループは2003年に設立された金融サービスプロバイダーであり、世界40か国に80以上の拠点を持つグローバル企業である。

関連ニュース

イーサリアムメインネット「The Merge」第1段階、「Bellatrix」実装完了

ロシア、ステーブルコイン活用の決済インフラ開発中か=報道

21Shares親会社21 .co、約36億円調達しユニコーンに=報道

バイナンスが自社ステーブルコイン「BUSD」に注力か、USDCやUSDPなど取引非対応へ

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

参考:Apex Group
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ismagilov

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。