米コインベースでNear Protocol(NEAR)上場へ、ネイティブトークンで

米コインベースでNEAR上場へ

米大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産ニアプロトコル:Near Protocol(NEAR)が上場することが9月1日発表された。

取引は流動性条件が満たされ次第、流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、日本時間9月2日の午前2時以降に開始される予定だ。取引ペアはNEAR-USDおよびNEAR-USDTとなる。なお日本のコインベースではサービス提供対象外となっている。

なおNEARトークンはBNBチェーン(BNB Smart Chain)などにも存在するが、今回はNEAR ネットワーク上で発行されるネイティブのNEARトークンのサポートのみが開始された。

Near Protocol (NEAR)とは

ニアプロトコルは、分散型アプリケーションの開発促進を目的としたオープンソースプラットフォームで、2020年4月にメインネットローンチしたレイヤー1ブロックチェーン。シャーディングという多くのトランザクション処理を分散させ集約させる機能を実装しており、高い処理性能から「イーサリアムキラー」と呼ばれるブロックチェーンの1つとなっている。

現在MXCは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)などの多くの暗号資産取引所の他、分散型取引所(DEX)のパンケーキスワップV3(PancakeSwap V2)で取り扱われている。なお現在の時価総額は約4,670億円となっている(9/1 コインマーケットキャップ調べ)。  

関連ニュース

米コインベース、MXC(MXC)とAurora(AURORA)上場へ

米コインベース、DeFiレンディング「Ooki Protocol(OOKI)」上場へ

米コインベース、「イーサリアム先物商品」提供へ

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。