MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入


米国のヒップホップトリオ「Migos(ミーゴス)」のメンバーであるTakeoff(テイクオフ)氏は2022年1月7日に、自身が人気のNFTコレクションである「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入したことを明らかにしました。ここ最近ではヒップホップ業界でBAYCのNFTを購入する事例が増えてきています。

こちらから読む:Huobi Japan、シンボル(XYM)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

「BAYCのファミリーになった」と報告

米国のヒップホップトリオ「Migos(ミーゴス)」のメンバーであるTakeoff(テイクオフ)氏は2022年1月7日に、自身が人気のNFTコレクションである「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入したことを明らかにしました。同氏は7日のツイートで自身が購入したNFTの画像を投稿し『俺もBAYCのファミリーになったぜ!!!🔥🔥』とコメントしています。


Bored Ape Yacht Club(BAYC)は「Yuga Labs」が制作している”退屈した猿”をモチーフにした世界的に人気のNFTコレクションであり、10,000個存在するこれらのNFTは現在数千万円ほどの価格で売買されています。

Takeoff氏がBAYCの購入時に支払った価格は明らかにされていないものの、BAYCの最低販売価格は71ETH(約3,500万円)と言われているため、同氏のNFTも高額で取引されたと予想されています。

先日は世界的に人気のヒップホップMC・ラッパーである「Eminem(エミネム)」もBAYCのNFTを123.45ETH(約5,320万円)で購入していたため、今後はヒップホップ・音楽業界でBAYCのNFTを購入する事例がさらに増えていく可能性があるとも予想されます。

イーサリアム(ETH)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。