エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る


エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は2022年1月2日に『ビットコイン(BTC)に関する2022年の予測』と題して「ビットコイン価格が10万ドル(約1,158万円)に達する」などを含めた複数の予想を語りました。同氏は今回の予測の中で『さらに2カ国がビットコインを法定通貨にする』との予測も語っています。

こちらから読む:イタリア最大手銀行、BTC売買サービス提供へ「暗号資産」関連ニュース

「新たに2ヶ国でBTCが法定通貨になる」とも予測

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は2022年1月2日に『ビットコイン(BTC)に関する2022年の予測』と題して「ビットコイン価格が10万ドル(約1,158万円)に達する」などを含めた複数の予想を語りました。

エルサルバドルは2021年9月に「ビットコイン法」を施行した、ビットコインを国の法定通貨の1つとして認めた世界初の国となりましたが、今回の予測では『さらに2カ国がビットコインを法定通貨にする』との予測も語られています。


ビットコインに関する2022年の予測:

・10万ドルに達する
・法定通貨として採用する国が2カ国増える
・今年の米国選挙における論点の1つとなる
・ビットコインシティが建設される
・火山債の応募が殺到する
・ビットコインカンファレンスで大きなサプライズが発表される

エルサルバドル政府の今後の取り組みにも注目

今回の予測で語られている「火山債」とは、ナジブ・ブケレ大統領が昨年11月に発表した”ビットコインに裏付けられた10億ドル(約1140億円)分の10年債”のことであり、発表時点では2022年に発行される予定だと説明されていました。

火山債はブケレ大統領が同時に発表した仮想通貨推進特区「ビットコインシティ」の建設費をまかなうことなどを目的として発行されるものであり、今回の予測では「このビットコインシティの建設が開始される」との予測に加えて「火山債への申込みが殺到する」との予測も語られています。

ナジブ・ブケレ大統領は昨年開催された「ビットコインカンファレンス」でビットコインを法定通貨として採用する方針を表明していましたが、今回の予測では『ビットコインカンファレンスで大きなサプライズが発表される』ともコメントされているため、2022年のビットコイン間ファンレンスで発表される内容にも期待が高まっています。

なお、エルサルバドル政府は「ビットコイン法」が施行された2021年9月に合計400BTCを購入して以降、定期的にビットコインを購入し続けており、昨年12月には『2021年12月21日21時21分21秒に21BTCを追加購入したことによって、エルサルバドル政府のBTC保有量が合計1,391BTCになったこと』なども報告されています。

ナジブ・ブケレ大統領は今回のツイートで『ビットコイン価格は2022年に10万ドル(約1,158万円)に到達する』という強気な価格予想を語っていますが、エルサルバドルのようにビットコインを購入し続けていることでも知られる米データ分析ソフト企業「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」のMichael Saylor(マイケル・セイラー)CEOは、2021年12月に『ビットコイン価格は最終的に600万ドル(約6億8,000万円)になる』というさらに強気な予想を語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。