2022年のイーサリアム(ETH)、2021年以上に飛躍する1年になる!?

どうも墨汁うまい(@bokujyuumai)です。イーサリアム(ETH)はこの一年でイーサリアムチェーン自体とエコシステムの両方の面で飛躍した年となりました。そんな最もブロックチェーンで大きなエコシステムを持つイーサリアムは、2022年は去年や一昨年以上に大きな変化を迎えようとしています。

本稿では2021年のイーサリアムの変化と2022年にかけてのさらなる飛躍について詳しく解説を行います。

2021年はイーサリアム飛躍の年へ

イーサリアムは今までにおおよそ1年に1度の頻度での大型アップデートを行ってきましたが、2021年はイーサリアム2.0を含めて4度のアップデートを行いました。

4月:ベルリン→EVMの調整

8月:ロンドン→EIP-1559の導入

10月:アルタイル→バリデータ報酬の整理

12月:アロウグレイシャ→ディフィカルティボム調整

特に大きな変化となったのは8月のロンドンハードフォークによるEIP-1559の導入です。
EIP-1559では支払う手数料を決める「ガス代」の操作をマイナーが行うことができなくなり、シンプルな実需要が上がるほど支払われた手数料がバーン(焼却)される仕組みです。
またイーサリアム上に展開する新たなネットワークレイヤーであるL2のArbitrumやOptimismもローンチしており、2021年はL2黎明期となったと言えるでしょう。

2021年ETHの価格推移

出典:墨汁マガジンVol.645「イーサリアムは2022年にはどうなっているのか?」

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム約5000億円を焼却、EIP-1559でのバーン数が100万ETHを突破

2022年はETHを約1.4兆円焼却か

EIP-1559では支払われたガスが焼却されて市場から消えていき、2021年8月のローンチから現在のレートで仮定すると1日平均で8640ETHとなるため

8640ETH * 365日 = 315.3万ETH

が2022年には焼却される見込みです。

誤差があるにしても市場供給量の約3%が毎年減少する形となり、需要が高まるほどETH価格が高騰しやすくなるということになります。

またイーサリアム2.0へのステーキングはこの1年で668万ETH(約3兆円)もの増加を記録しており、ステーキングの勢いが減るどころかDeFiやNFT需要とは別に大きくステーキングが伸びた年にもなっています。
マイニングでの新規発行を除き、ETH2のステーキングとEIP-1559をあわせて約10%が市場からデフレしたということになるでしょう。

デポジットされたETHのバランス

出典:Etherscan - デポジットコントラクトへステーキングされたETH数

マイニング終了とL2への移行加速

マイニングを終了してステーキングに完全移行する「The Merge」では2021年12月末を目指していましたが、アロウグレイシャの実装により2021年6月を目処としています。
このThe Mergeはイーサリアムのセキュリティを高めるとともに、ETH2への移行ジレンマを解決することから2022年は今まで以上にイーサリアムの年となるといえます。

また2021年最後のコアデベロッパー会議で「The Surge」の優先開発も決定しており、L2黎明期となった2021年よりさらにイーサリアムの実利用がしやすくなるアップデートの開始が行われます。
イーサリアムはより複雑になるものの、Rollupという技術を活用したL2を2022年はより利用しやすくなり、今以上の巨大エコシステムへと変貌を遂げることになるでしょう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論
2022年第二四半期にはイーサリアム(ETH)の価格が約100万円に?著名アナリストが予測
イーサリアムは価値の保存としてビットコインに勝る、豪州の大学教授4人の研究

▼墨汁サロンではテクニカル分析やイーサリアム2.0の統合The Mergeの仕組みやDeF、Arbitrumの実際の使い方などをより深く投資家向けに解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

The post 2022年のイーサリアム(ETH)、2021年以上に飛躍する1年になる!? first appeared on CoinChoice(コインチョイス).

参照元:CoinChoice(コインチョイス)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。