ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ

ビットバンク、LINK上場へ

ビットバンク株式会社が同社運営の暗号資産(仮想通貨)取引所「bitbank」にて暗号資産チェーンリンク:Chainlink(LINK:リンク)の取り扱いを開始することを11月26日発表した。取り扱い開始は12月3日からとなる。

なおビットバンクでの新規通貨上場は10月より取引開始したシンボル:Symbol(XYM:ジム)以来となる。

チェーンリンク(LINK)は、スマートコントラクトを介して実世界の様々なデータをブロックチェーンに取り込む分散型オラクルサービスを提供するプロジェクト。記事執筆時点での時価総額は約1.3兆円となっている(コインマーケットキャップ11月26日調べ)。

なおLINKは、国内で初めてSBI VCトレードが9月より取り扱い開始している。またビットポイントが11月30日、ビットフライヤーが12月より取り扱うことも発表されている。

発表によるLINKの取り扱いは、ビットバンクの現物取引所においてLINK/JPYとLINK/BTCの取引ペアが追加されるとのことだ。またまたビットバンクの暗号資産レンディングサービス「暗号資産を貸して増やす」でもLINKを取り扱う予定とのこと。

LINKの上場により「bitbank」の現物取引所での取り扱い暗号資産は計12銘柄となる。現在ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)が取り扱われている。

関連ニュース

ビットバンク、シンボル(XYM)取り扱い開始へ

ビットポイント、チェーンリンク(LINK)上場へ

参考:ビットバンク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。