米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復


米国証券取引委員会(SEC)は2021年10月15日に「ProShares(プロシェアーズ)」が申請していたビットコイン先物ETFを承認したことを明らかにしました。また、仮想通貨業界では「Valkyrie(ヴァルキリー)」のビットコイン先物ETFもまもなく承認される可能性があると期待が高まっており、ビットコイン(BTC)の価格はここ最近の価格上昇で700万円台まで回復しています。

こちらから読む:bitFlyer、証拠金取引の新規登録受付再開へ「暗号資産」関連ニュース

米国初「ProSharesのビットコイン先物ETF」承認

米国証券取引委員会(SEC)は2021年10月15日に「ProShares(プロシェアーズ)」が申請していたビットコイン先物ETFを承認したことを明らかにしました。ProSharesのビットコイン先物ETFは2021年10月18日にローンチされる予定となっており、上場先はニューヨーク証券取引所の「Arca」、ティッカーシンボルは「BITO」になると報告されています。

また、15日には「Valkyrie(ヴァルキリー)」が提出していた有価証券オファーリングを行うための書類を受け入れたことも報告されており、Valkyrieのビットコイン先物ETFの上場先である「NASDAQ(ナスダック)」が書類提出後にValkyrieETFの上場を受け付けることも報告されています。

米国でビットコインETFが承認されたのは今回が初であり、Valkyrieのビットコイン先物ETFも承認される見込みで、その他にも「Invesco、VanEck、Galaxy Digital、Advisorshares、SkyBridge、Fidelity」などといった様々な企業がこれまでに仮想通貨ETFを申請しているため、米国でこれらの仮想通貨ETFが承認されれば、仮想通貨市場にとっての大きな好材料になると期待されています。

>>「ProShares」に関するSEC書類はこちら
>>「Valkyrie」に関するSEC書類はこちら

ビットコイン価格は「700万円台」まで回復

ビットコイン(BTC)は今年4月に700万円付近まで高騰した後に320万円付近まで下落していたものの、一連の報道を受けてBTC価格は再び過去最高値700万円台まで回復しています。

2020年10月23日〜2021年10月16日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)2020年10月23日〜2021年10月16日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)

2021年のビットコイン価格予想では『1,000万円〜2,000万円付近まで上昇する』という予想が以前から数多く出ていましたが、ここ最近ではビットコインのハッシュレートも回復してきており、好材料となるニュースも増えてきているため、今後の価格上昇には期待が高まっています。

BTCなどの仮想通貨を売買できる暗号資産取引所ビットバンクの新規登録はこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。