商品価格の低迷が資源国通貨に痛手! 原油下落で、ユーロ安になる理由とは?

■商品価格低迷で資源国通貨が下落 みなさん、こんにちは。
 上海株式市場は、中国政府の介在によって、不安定ながらもなんとかサポートされていますが、中国経済の減速が大きな影響を与えているのが商品市場。
【参考記事】
●第2のリーマンショックの引き金を引くのか? 上海株急落も中国政府はもう打つ手なし!?(7月28日、西原宏一&松崎美子)
 原油、鉄鉱石、ミルクプライス(乳製品に対する支払い価格)と軒並み低調。
NY原油先物 日足(出所:米国FXCM)
 原油は加ドル、鉄鉱石は豪ドル、ミルクプライスはNZドルといったように、こうした商品価格の低迷は、資源国通貨にダイレクトに影響を与えます。
【参考記事】
●NZドルは1200pips急落! NZ中銀がさらに利下げする公算が濃厚な理由とは?(7月23日、西原宏一)
 原油の反落により、BOC(カナダ銀行[カナダの中央銀行])は7月15日(水)に今年(2015年)2度目の利下げを決断。呼応して加ドル/円は95円台へと反落。
加ドル/円 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:加ドル/円 4時間足)
 鉄鉱石価格の急落により、豪ドルも軟化。
 RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])は政策金利をすでに2.00%まで下げており、追加利下げは予測されていないことから、豪ドル/円は急落こそしていませんが、90円台という低水準で推移。
豪ドル/円 日足(出所:米国FXCM)
 そして、ミルクプライスの急落により、RBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])が、なりふり構わず追加利下げをしているNZドルも急落。
 RBNZはさらに追加利下げをする公算も濃厚です。
【参考記事】
●NZドルは1200pips急落! NZ中銀がさらに利下げする公算が濃厚な理由とは?(7月23日、西原宏一)
 NZドル/円は、一時、80円台ミドルまで急落しています。
NZドル/円 日足(出所:米国FXCM)
 上海株が不安定ながらも政府の介在によってサポートされていることから、前述の資源国通貨もサポートされていますが、中国は株よりも実体経済の低迷が顕著になっており、需要が停滞している商品市況は低迷。
 よって、調整はあるものの、資源国通貨の上値は限定的となる公算が濃厚。
 低迷する原油価格はユーロの動向にも影響を与えます…

参照元:ザイFX! 西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。