ギリシャ問題は一段落してもユーロの 潜在的な悪材料、「売り」のポイントは…

■週足チャートでユーロ/米ドルの値動きを確認 今回は、ユーロ/米ドルの分析を行なう。まずは、週足チャートからご覧いただきたい。
 週足チャートに、長期のレジスタンス・ライン「赤の破線(太線)」を表示している。 
ユーロ/米ドル 週足(クリックで拡大)(出所:米国FXCM )
 昨年のゴールデン・ウィーク明け(2014年5月8日)のユーロ/米ドルは、
1.4000ドル近辺(高値は1.3990-95ドルレベル)まで急上昇した。
 昨年のゴールデン・ウィーク明け(2014年5月8日)の時点では、ユーロ/米ドルが、1.40ドル台に明確に乗せる場合、つまり、1.4050ドル近辺を上に抜ける場合が「買いシグナル」と考えた。
 1.4000ドル、1.4050ドルには、大量の為替オプション取引が組まれていたのだろう、と推測した。
 つまり、1.4000ドル、1.4050ドルのオプションが、バリア(抑制)になっていた、と推測した。
 振り返ると、サポート・ライン「ピンクの破線(太線)」を割り込んで以降は、レジスタンス・ライン「緑の破線(太線)」に従って下落した、と考える。なお、「緑の破線(細線)」は「緑の破線(太線)」の平行線だ。
 そして、週足チャートを見てわかるように、ユーロ/米ドルはリバウンド(上昇)して、レジスタンス・ライン「緑の破線(太線)」を上に抜けている。  
ユーロ/米ドル 週足(再掲載、クリックで拡大)(出所:米国FXCM )
 レジスタンス・ライン「緑の破線(太線)」を上に抜けたので、その時点で、「買いシグナル」を発した。
 週足チャートで見る限りでは、この「買いシグナル」を発した時点で、ユーロ/米ドルが、もう一段上昇する可能性が示唆されていた。
 1.20ドル台からの上昇で、サポート・ライン「紫の破線(太線)」を表示した。なお、サポート・ライン「紫の破線(細線)」は、サポート・ライン「紫の破線(太線)」の平行線を表示している。
 中長期のチャート(週足チャート)で見ると、ユーロ/米ドルは、レジスタンス・ライン「赤の破線(太線)」とサポート・ライン「紫の破線(太線)」で、「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成していたと考える。 
ユーロ/米ドル 週足(再掲載、クリックで拡大)(出所:米国FXCM )
 そして、週足チャートを見てのとおりに、ユーロ/米ドルは、サポート・ライン「紫の破線(太線)」を割り込み、「三角保ち合い(ウェッジ)」を下に抜けて、「売りシグナル」を発した、と考える。
■1.1500ドルを明確に上抜ければ「買いシグナル」だが… 従来の安値1.18ドル台ミドル程度に、「赤の破線」で水平線を表示した。従来の安値を更新した時点で、「売りシグナル」を発した、と考える。
 一番右のレジスタンス・ライン「青の破線(太線)」と、その平行線「青の破線(細線)」を表示した。
 このレジスタンス・ライン「青の破線(太線)」は、その傾きを、直近の高値に合わせている。
 1.1500ドルを、明確に上に抜ける場合は、このレジスタンス・ライン「青の破線(太線)」の傾きを変化させずに、「買いシグナル」と判断するべき、と考える。
 1.1500ドルを明確に上に抜けない場合は、このレジスタンス・ライン「青の破線(太線)」の傾きを緩やかに変化させて、修正する必要がある、と考える。なお、このケースだと「買いシグナル」が点灯しない。
■日足では典型的な700ポイントのボックス相場を形成 続いて、日足チャートをご覧いただきたい。ユーロ/米ドルは、「ピンクの破線」で表示したボックス相場を形成していた、と考える。 
ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)(出所:米国FXCM )
 ボックス相場「ピンクの破線」の上限は1.4000ドル、下限は1.3300ドルと考える。
 ユーロ/米ドルは700ポイントでボックス相場を形成することが多いのだが、この時もその典型的なパターン(700ポイントのボックス相場)を作った、と考える。
 そして、ボックス相場「ピンクの破線」の下限である1.3300ドルを割り込み、「売りシグナル」を発した、と考える。
 この「売りシグナル」を発して、すぐに「窓(Gap)」を空けて急落している(この「窓」も「売りシグナル」だ)。
 1.3300ドルを割り込んで発せられた「売りシグナル」のターゲットは…

参照元:ザイFX! 松田哲の「FX一刀両断!」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。