ヘリコプターマネーの憶測でアベノミクス に反撃の兆し? ドル/円は107円が焦点!

■2016年前半、世界的な通貨安戦争の敗者は日本… みなんさん、こんにちは。
 為替市場では、よく通貨安戦争という言葉が使われます。
 通貨安戦争とは、失業率低下や資源稼働率上昇を図るため、自国通貨安に誘導することを指します。
 この通貨安戦争という文脈においての円という通貨は、2012年まで負けっぱなしの状態であったと言えます(通貨安誘導が必ずしも、経済活動における勝者になるというわけではありませんが…)。
 そして、2013年からアベノミクスが始まると、黒田日銀の大胆な金融政策もあり、米ドル/円は短期間に75円から125円まであっという間に上昇し、敗者から勝者に変貌。
米ドル/円 月足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 月足)
 この円安につれて、日経平均も2万円台を回復。
日経平均 月足(出所:株マップ.com)
 ところが、そのアベノミクスに陰りが出てきたのが2016年初頭。
【参考記事】
●行き詰まったアベノミクス。ヘッド&ショルダー完成のドル/円は105円台へ下落の公算(2月12日、西原宏一)
 もともと、グローバルマーケットに強い負荷がかかると、避難通貨としての「円」はあっという間に強くなります。
 前回のコラムでもご紹介しましたが、本来はスイスフランという通貨も、円と同様に避難通貨であり、株価急落時にはスイスフランは急騰していました。
【参考記事】
●英中銀が利下げ予告! 英不動産ファンドの解約増でポンド/円は120円への下落過程(7月7日、西原宏一)
 旧来、欧州圏でのリスクオフ要因、つまり、ギリシャ危機などの局面では円よりも、欧州での「避難通貨」としてスイスフランが上昇。
 ところがSNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])の介入により、スイスフランは避難通貨の座から一歩後退。
 結果、アジア圏のみならず、欧州、米国、つまり、世界中のいかなる地域においても、リーマンショックやギリシャ危機といったマーケットに強い負荷がかかると円は急騰します。
世界の通貨VS円 月足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 月足)
■2016年前半、最大の不透明材料だった「Brexit」 そして今年(2016年)前半、マーケット最大の不透明材料は「Brexit」(英国のEU離脱)。
 Brexitへの懸念により、昨年(2015年)末から英ポンド/円は続落を演じていました。
【参考記事】
●2カ月で16円暴落! ポンド/円は想定どおり急落! 株安・円高のカギはNYダウが握る(1月7日、西原宏一)
 そして迎えた、6月23日(木)の英国国民投票の結果では、懸念されていたBrexitが現実のものとなります。
【参考記事】
●EU離脱ショックで英ポンド暴落! 米7月利下げ観測も浮上! ドル/円、次は95円へ(6月24日、西原宏一)
 呼応して、英ポンド/円は1日で27円も暴落し、128円まで急落しました。
 昨年(2015年)末の英ポンド/円は188円でしたから、半年強で約60円もの大暴落。
英ポンド/円 週足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 週足)
 この英ポンド/円の暴落が米ドル/円に影響を及ぼさないわけがなく、米ドル/円も一時99円台まで急落しています。
米ドル/円 週足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足)
 BOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])のカーニー総裁は、日本の通貨安誘導を批判するコメントもしていましたが、イギリスは意図せずに(?)通貨安戦争の勝利者に。
 結果として、今年(2016年)前半の日本はあっという間に通貨安戦争の負け組に転落。
 多くのメディアでは、アベノミクスの終焉といった報道が目立つようになりました。
 そして先週、7月10日(日)の参議院選挙を終えたと同時に、2016年後半に向けた、アベノミクス反撃の兆しが見えてきています。
 先週末、7月10日(日)の参議院選挙の与党大勝を受け…

参照元:ザイFX! 西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。