山本幸三議員発言があっても4月緩和の 可能性は低い。ドル/円の調整に要注意!

■イースターホリデーや米雇用統計控え、為替はレンジ推移 みなさん、こんにちは。
 今週(3月30日~)は月末、期末、四半期末を迎える週です。
 加えて、欧米勢にとっては、イースターホリデーを迎えることになり、4月3日(金)には米雇用統計を控えています。
米3月雇用統計は4月3日(金)21時30分の発表
(詳しくはこちら → 経済指標/金利: 米国主要経済指標の推移)
 以上のことから、為替マーケットも方向感なく、レンジでの推移に終始しています。
世界の通貨VS円 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足)
■山本議員の発言で日銀の追加緩和期待が台頭 その中で、一時、マーケットの注目を集めたのが、下記の自民党・山本幸三議員のコメント。4月1日(火)に発表されたロイターの下記報道で、一時、マーケットが乱高下しました。
追加緩和は必要、4月末の日銀会合が好機=自民・山本氏
アベノミクスの仕掛け人である自民党の山本幸三衆議院議員は1日、ロイターのインタビューに応じ、日銀短観など最近の経済指標を踏まえた景気情勢には足踏み感があり、注意が必要と語った。物価がマイナスに陥る可能性も指摘し、追加緩和が必要だと述べた。追加緩和でも円安が加速するとは思わないとして、国際的に批判されることはないと述べた。
追加緩和のタイミングについて山本氏は、「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」が公表になる4月30日会合が「良いタイミングだ」と指摘。「景気が足踏み状況にある。物価もマイナスになる可能性がある」とし、「日銀として、2%目標に向かって断固対応する姿勢を示さないわけにはいかない」と緩和の強化を促した。
緩和手段については、国債以外にも、社債・REIT(不動産投資信託)などの買い入れ、付利をなくすなど、いろいろあると語った。
出所:ロイター
 これまで山本幸三議員は、昨年(2014年)10月の日銀の追加緩和、加えて消費税引き上げの見送りを主張しており、実際に彼の主張どおりになったことは、マーケットでは知られていること。
 個人的にも、2015年年内に何らかの追加緩和が行われるのではないかと考えているのですが、とはいえ、4月の緩和の可能性はさすがにかなり低いのではないでしょうか?
 安倍首相にも近い山本幸三議員のコメントですが、さすがにマーケットは冷静で、米ドル/円の高値も120.30円止まり。
米ドル/円 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足)
 本稿執筆時点で、米ドル/円は119.50円近辺で推移しており、山本幸三議員のコメントが出されたレベルまで戻しています。
 今週(3月30日~)はイースターホリデーを控えて…

参照元:ザイFX! 西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。