クロスエクスチェンジのアンケートをどうしよう(詳細発表前)を考える

まず、#クロスエクスチェンジ #XEXまずアンケートを取ったり、事前に知らせる姿勢はとてもいいと思っています。

ただ憶測やいろいろ考えてしまう傾向があり、下げやすい現状は、好ましくない


12月01日の通知&アンケート発信後、価格を大きく下げた0.8円を割る

個人的には思い込んでいたのだが、取引所のリニューアルと、トルコのクロスの取引所が開設だと、、


通知の内容は、解説は延期、2月で最初発表、→その数分後Q1への訂正。

どうやら現取引所はリニューアルはそのあとと勘ぐってしまうが

徐々に言葉の意味が分かってきて、

思考展開が進み、
XEXとは別の新コインを導入するのではないか
→クロスエクスチェンジという名前で新取引所は作らないようだ。
→バーンしたXEXはどうなる、損するのではないか
→価格下げ
→いやいやまだ詳細がないから、情報をまとう!
となるのだが、

どちらにせよこのペースでいけば来年5月にはマイニングは終了するペースで掘削している現状を踏まえて、

XEX最大利用するため、
・新取引所でXEXを利用するためにマイニング一時停止。

↓・トルコ新取引所へ現在のクロスユーザーの平行利用。

↓・新コインとXEXのマイニング再開、新規ユーザー獲得。

↓・新取引所での新規ユーザーは、XEX配当を得るため、現クロスでのアカウントを取得

と、双方を行き来するような状態になる推測にたやすい。

現時点でマイニングは50%を掘削終了、
残り50%を、新コイン・新取引所ののブーストとして利用にあてる案と理解した


もちろんXEX保有者にも恩恵を得られるものでなければならない。

アンケートは、各立場の人(ノーロック、ロック、バーン焼却の比率)が最大の利益を得るため、
どのような判断をするべきなのかは悩ましいところだが、取引所として、配当を増やすための案であるということに変わりはない。

筆者自身もどうするかわからないが、マイニングが停止するならば、ロックはせずに、板取引で一時期我慢するしかない。

これは、一時停止という印象から拾えば、
マイニングがすべて掘り終わった後の、練習やリハビリ、避難訓練のようなもの
というとらえ方もできると考えている。

視点としては、現状、残ったユーザーだけで渡せる配当は、全体で、300万~500万で、受け取れるものは希望するものよりは、ものすごく少数だということだ。いかに手数料が無料でない通貨で、取引高を上げ、配当が配れるかによっているのだ。

取引高については、手数料無料のXEXで多くを上げ、世界の取り引き所のランキングに食い込めてはいる。
自動マイニングの機能は、それに大きく貢献されてもいる。
ランキングのルールが変わらない、今のうちに、ほかの投資家から目を向けてもらう努力は続けなくてはならない。

・取引量(板取引)を増加

・維持・新しいユーザーの獲得

・既存ユーザーの維持

配当と取引量を増やす選択を、アンケートで選択しなければならない。

理想としては全員が利益を得られればいいが、

そうはいかないので、あくまで自身の投資パターンで最大の利益を得られる選択をしなければならないから、本当に悩ましい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。