ドル/円は125円到達も調整は長引きそう。 中国株下落でなぜユーロは上昇するのか?

■米ドル/円は125円にあっさり到達 みなさん、こんにちは。
 このコラムで何回かに渡ってご紹介してきた米ドル/円は、先週(5月25日~)から上昇に弾みがつき、6月2日(火)には125円台にあっさり到達。高値は125.05円。
【参考記事】
●「子くじら」の出現で、米ドル/円は122.50円への上昇濃厚! 上抜ければ125円も視野に(5月21日、西原宏一)
●125円に急接近のドル/円は128円も視野に! なぜ、ドル高・円安は突然加速したのか?(5月28日、西原宏一)
米ドル/円 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足)
 その後、米ドル/円はもみ合いに入っていますが、中期の流れは変わらず、「米ドル高・円安」。
 ただ、その調整が少し長引きそうな要因が出てきています。その要因のひとつが、オプション。
 米ドル/円の125.00円は、オプションデスクからガンマ(※)の影響で、大量の米ドル売りが供給されるということがあります。
(※編集部注:「ガンマ」とはオプションの指標の1つ)
米ドル/円 日足(出所:米国FXCM)
 そして、もうひとつがユーロ/米ドルの反発です。
ユーロ/米ドル 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足)
■ドイツ国債利回りが再び上昇 2015年4月の英ポンド/円に続き、5月14日(木)のコラムでご紹介したユーロ/円は、上げ幅を拡大してきており、6月3日(水)にあっさりと140円台を回復。
【参考記事】
●ドイツ国債利回り再上昇でユーロ高継続。反発中のユーロ/円に注目する理由とは?(5月14日、西原宏一)
 その要因は、以前のコラムでもご紹介したドイツ10年物国債利回りが急騰したこと。
【参考記事】
●人生最大の売りチャンスで独国債急落! 独国債利回り急騰でユーロは上値追いか(5月7日、西原宏一)
 ドイツ10年物国債利回りは、前回、2015年5月に上昇した際は、0.80%近くまで急騰して、いったん沈静化しました。
 そして、今週(6月1日~)になって上昇を再開。6月3日(水)には0.88%まで急騰し、1.00%を回復しそうな勢いとなっています。
ドイツ10年物国債利回り(ドイツ長期金利) 日足(出所:CQG)
 ECB(欧州中央銀行)のQE(量的緩和策)にも関わらず、ドイツ国債の利回りが急騰している背景は、以前のコラムでご紹介しているので、そちらを参照してください。
【参考記事】
●ドイツ国債利回り再上昇でユーロ高継続。反発中のユーロ/円に注目する理由とは?(5月14日、西原宏一)
  このコラムでもご紹介しましたが、日銀の異次元緩和の局面同様…

参照元:ザイFX! 西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。