<i style=”font-style:normal;font-size: 97%;”>日銀追加緩和観測がドル/円下支え。ブラック</i> スワンは忘れたころに中国からやってくる!?

■為替市場はトレンドレス、今晩の米雇用統計の影響は? 為替マーケットはトレンドレスの状態に陥っている、今晩(10月2日)の米雇用統計をもって状況が打破されるかどうかはひとつの見どころだが、市場関係者が再度失望させられる可能性は高いとみる。
 何しろ、FRB(米連邦準備制度理事会)内部でさえ、意見が割れている現状だ。米利上げ見通しは一段と不透明になっており、チャイナショックを始め、最近の世界金融市場の高いボラティリティがFRBの判断を遅らせた以上、米雇用統計のみで見通しが明白になるのは容易なことではなかろう。
 実際、年内米利上げ観測自体も後退しており、イエレンFRB議長自身もまだ判断できていないと推測されるなか、今晩(10月2日)の米雇用統計に基づく判断および取引は、リスクが高いとみる。米ドル全体が大きく反落しない限り、米利上げは来年に後ズレする可能性が大きいのではないだろうか。
■これからも悪材料の続出を覚悟すべき 世界金融市場の不安定さと同じく、為政者たちの迷いも、世界共通の現象だ。日銀にしても、ECB(欧州中央銀行)にしても、量的緩和策の限界に差しかかっており、追加緩和策に踏み切るかどうかということは、言われているほど明確ではない。また、辣腕を振るってきた中国当局に至っては、今回の株価暴落をコントロールできなかったことで、自信を喪失したようにさえにみえる。
 いつものように、市場における値動きが先行し、ファンダメンタルズが後追いする形でついてくる。こういった「相場の真実」を悟れば、欧米日の株式市場が大きく反落してきたあと、VW(フォルクスワーゲン)事件、グレンコア危機、第一中央汽船の破綻など、悪いニュースが伝わってきたたことにはまったくサプライズを感じない上、自然な成り行きだと受け止めることさえできただろう。
【参考記事】
●陳 満咲杜さんに聞く(2)~相場はファンダメンタルズによって動くのではない!~
 主要国の株式市場がそろってベア(下落)トレンドに入ってきた以上、これからも悪材料の続出を覚悟すべきだ。 
米国株(US30) 日足(出所:米国FXCM)
日本株(JPN225) 日足(出所:米国FXCM)
ドイツ株(GER30) 日足(出所:米国FXCM)
 ただし、一部論調のように、ブラックスワンの出現で相場が直ちに2008年のような大暴落を演じる確率は低いとみる。VWかグレンコアがブラックスワン的な存在と警戒される向きが多いが、大袈裟な見方だと思う。何しろ、両社のインパクトがブラックスワンにしては小さいからだ。
 VW事件はせいぜい、2010年のトヨタ自動車・大規模リコール事件に相当する騒ぎになる程度だろう。直接死者が出ていない分、トヨタ事件より影響が小さいと思う。グレンコア危機はより深刻だが、リーマン・ブラザーズと違い、実物資産をたくさん持っている分、簡単に破綻するわけでもない。実際、同社の株価は大きく反騰しており、危機の一服を示唆している。 
グレンコア株 1時間足(出所:CQG)
 2007年にサブプライム問題が発生したことが、翌2008年のリーマン・ショックにつながった経緯に照らして考えると、本当のブラックスワンはやはり、今回世界に混乱を引き起こしたチャイナに発生するのではないかと思う。
 こうなると、それが起こるのは2015年年内よりも来年(2016年)の可能性が高く、また、マーケットが警戒しているうちは発生しにくいから、市場が安心したあと、発生する確率が高いだろう。なぜなら、警戒されているうちは、ブラックスワンはなかなか出てこないからだ。
 この意味では、中国株暴落の一服と同じく…

参照元:ザイFX! 陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。