中国経済低迷は長期化、値頃感で資源国 通貨を買ってはダメ!株の強気相場も終了

■レンジ相場に入り込んでいる米ドル/円 米ドル/円は、120円を挟んでのレンジ相場に入り込みそうだという話をここ2~3回の当コラムでしてきたと思いますが、大体そのような相場展開になっています。
【参考記事】
●FOMC後の相場の動きをシミュレーション!利上げは10月か12月へ持越しの可能性大(9月17日、今井雅人)
●中国がバブル崩壊を認めたことの意味は?レンジ入りの米ドル/円はFOMC待ち!(9月10日、今井雅人)
●9月米利上げの可能性は、まだ五分五分!この先、イケイケ相場にならない理由とは?(9月3日、今井雅人)
米ドル/円 日足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足)
■年初来の上昇をほぼ吹っ飛ばした日本の株式市場… その一方で、日本の株式市場は冴えません。
 本日9月24日(木)の日経平均終値は、先週末比500円ほど下落して、1万7571.83円で引けています。これで、年初来の上昇をほとんど吹っ飛ばしてしまいました。
日経平均株価 週足(出所:株マップ.com)
 年初の米ドル/円は、118円台後半だったことを考えると、2015年は、為替相場も株式市場もスタート地点に戻ってきてしまったということになります。
米ドル/円 週足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足)
 結局、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)など、特殊な買いが玉切れしてしまったことが一番大きな要因ではないかと思います。
【参考記事】
●9月米利上げの可能性は、まだ五分五分!この先、イケイケ相場にならない理由とは?(9月3日、今井雅人)
●驚きのGPIF資産残高構成。もう、玉切れで株高・円安の流れが変わる可能性も…(4月2日、今井雅人)
■株式市場の強気相場は、終わってしまった さらには、米国の株式市場が低迷してしまっているのも影響していると思っています。
米国株(US30) 週足(出所:米国FXCM)
 そう考えると、これも何回も話をしていますが、株式市場の強気相場は終わってしまったのだろうと考えています。
【参考記事】
●FOMC後の相場の動きをシミュレーション!利上げは10月か12月へ持越しの可能性大(9月17日、今井雅人)
■資源国通貨は大きく下落! 豪ドル/円は14円も… 一方、資源国通貨は、年初来で見ると大きく下落しています。
 たとえば、豪ドル/円で見てみると、2015年は98円近辺で始まっていましたが、現在は84円程度。14円も下落しています。
豪ドル/円 週足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/円 週足 週足)
 これは言うまでもなく、中国経済の低迷と資源価格下落の影響です。
 もちろん、資源価格下落の大きな要因は中国経済の低迷にあるので、とどのつまり、中国ショックが原因だということです。
【参考記事】
●中国ブラックマンデーから衝撃の急落劇!戻りの弱い米ドル/円の上値メドは?(8月27日、今井雅人)
 IMF(国際通貨基金)は、先日、2015年の中国…

参照元:ザイFX! 今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。