「イスラム国」、臓器摘出認める宗教見解=米入手の文書

[ワシントン 24日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」のイスラム学者が、臓器の摘出を認める宗教見解(ファトワ)を示していたことが、ロイターが確認した文書で明らかになった。米当局者らは、文書は米軍特殊部隊がシリア東部で5月に実施した作戦で入手したとしている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。