急拡大するアジアのガソリン需要、米国産原油の受け皿に

[シンガポール 24日 ロイター] - 米国政府は今月、およそ40年ぶりに原油輸出を解禁した。アナリストらは、解禁しても米国の原油輸出が急増することはない、との見方で概ね一致しているが、アジアではナフサやガソリンなど軽質燃料への需要が急速に拡大しており、米国産軽質原油の受け皿になる可能性がある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。