16年度市中国債147兆円、流動性維持へ追加入札拡充 日銀乗換減額も

[東京 24日 ロイター] - 財務省は、2016年度国債発行計画で、一般会計予算の財源となる新規国債や過去に発行した国債の借り換えなどの総額を2年連続で減額し、162兆2000億円にする方針を決めた。前年からは7兆8000億円の減額となる。日銀の異次元緩和で市場の流動性低下を懸念する声が出ている現状を踏まえ、市中への発行額(カレンダーベース)は147兆円とし、減額幅を5兆6000億円にとどめる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。