視点:日本経済再生に移民政策は不可避=ケネス・ロゴフ氏

[東京 21日] - 世界で最速の部類に入る人口減少速度と世界最大の過剰公的債務問題の組み合わせは、日本経済にとって極めて有害だと、ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授は指摘する。人口問題解決には移民問題への取り組みが不可避であり、経済再生にケインズ主義的な刺激策が役立つと考えるのは「ナンセンスだ」と説く。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。