米下院、優遇税制の恒久化を承認 政府機関の閉鎖回避に向け前進

[ワシントン 17日 ロイター] - 米下院は17日、6220億ドル規模の企業向け優遇税制法案を賛成318、反対109で可決した。法案は上院に送られ、政府機関の閉鎖を回避するために承認が必要となる1兆1000億ドルの歳出法案とともに採決される見通し。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。