利便性や事業の収益性向上のため規制緩和を=西室・日本郵政社長

[東京 17日 ロイター] - 日本郵政の西室泰三社長は17日の定例会見で、政府の郵政民営化委員会(増田寛也委員長)が進めているゆうちょ銀行の預入限度額引き上げの議論について、「顧客の利便性の向上や事業の安定性・収益性を高めるために、早期に規制の緩和をしてもらいたい」と述べた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。