コラム:来年のドル円、米利上げ後の手掛かり=唐鎌大輔氏

[東京 17日] - 過去2年以上にわたり相場のテーマだった米初回利上げに決着がつき、2016年のドル円相場見通しを作る上では「新たな手掛かり」が必要な局面に入りつつある。この点、実質実効為替相場(REER)などの長期尺度から現状の立ち位置を見つめ直すことは有益なヒントになる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。