寄り付きの日経平均は反発、外部環境改善で主力株に買い

[東京 16日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比302円30銭高の1万8868円20銭と3日ぶりに反発した。米国株高や円安など外部環境の改善を背景に買いが先行。前日までの下げの反動から買い戻しなどが優勢となり、1万8900円台を回復している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。