上海市の大気汚染悪化、PM2.5が1月半ば以来の高濃度に

[上海 15日 ロイター] - 中国の上海市では15日、大気汚染によるスモッグが今年1月以来の高い濃度となり、臨時休校や屋外活動の禁止を余儀なくされた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。